Game For EveryOne

初心者もこれで安心!サックスの選び方3選

まずはメーカーを確認しよう

サックスは国内、海外問わず様々なメーカーから発売されています。このメーカーによって使い勝手などが違いますので、まずはメーカーの確認をしておきましょう。国内メーカーであれば「YANAGISAWA」や「YAMAHA」が有名ですね。YANAGISAWAの商品はキィ配列などが小ぶりなことから女性でも扱いやすいと言われています。海外メーカーでは「Selmer」などが有名。実際に専門店などで見比べてみるといいかもしれません。

サックスの材質を知って選ぼう

サックスには真鍮や銀、金などが利用されています。この材質によっても使い勝手や音、響きなどが変わってくるので注意が必要です。たとえば、金を使ったものは光沢が長持ちする反面、吹き込み切れないことが多く一定以上の技量が必要になるとされています。真鍮は軽くて明るい響きのある材料ですね。ただ、合金であることから配合比率によって音の傾向が変わってきます。一般的によく見かけるのは真鍮に銀メッキのサックス。銀はサックスに限らず多くの楽器に利用されていますね。

サックスの値段で選ぶ

学生などであれば当然ながら予算は限られますよね。そのため、サックス選びでは値段も重要になってきます。よく勘違いされがちなのですが、サックスは高価だからといって必ず良い音が出るとは限りません。確かに値段が高いものは良い音を出す傾向にはありますが、きちんと調整された品物であれば安価なものでも技量を損なうことはないでしょう。高価なサックスはデザイン、キーアクションの滑らかさなどに優れますが、極端に音が良いわけではないのです。このあたりを意識して選ぶようにしてくださいね。

サックスとは木管楽器の一種で、出せる音域や音色によってテナー、アルト、バリトン、ソプラノなどに分類されます。