Game For EveryOne

ポイントを押さえて失敗しない中古車の選び方

まずは車の状態を確認

中古車を選ぶ際に外せないポイントは走行距離・前オーナーの車の使い方・事故の履歴・エンジンの傷み具合を確認しておくことです。走行距離とエンジンの程度には密接な関係があります。例えば年式が新しいからといって10万キロ以上走行した中古車を選択すると、車のエンジンの状態次第では故障がちになりかねません。前オーナーの使い方が荒かった場合にもブレーキパッドやエンジンオイル・ラジエーターなどが摩耗している可能性があるため、購入時には車の履歴を確認することが大切です。

車の車種で評価が違う中古車市場

一般的に中古車市場では軽自動車やミニバンタイプなどのファミリーカーは人気があり、あまり安くならない傾向があります。上記の車種は日用品の買い物やレジャーなど幅広く使えるため、ユーザーからのニースが高いのが理由だと考えられます。一方でスポーツカーやセダン型は車好きの方が好んで乗ることが多い車種のため、新モデルが発表されると型落ちとなり値段が安くなる傾向にあります。自分が欲しい車種を絞って中古車市場を探すのが大切です。

新古車があればおすすめ

安くても中古車の購入には一抹の不安があるという方もいることでしょう。その心配、前のオーナーの顔が見えない中古車を購入する点では無理もないことではあります。そこでおすすめは新古車と呼ばれる車の購入です。新古車とはディーラー等の試乗に使われたなど、ごく短い距離を運転した車です。新古車ならディーラーなどがオーナーのためメンテナンスもしっかり管理されており、新車と同じような状態になっています。値段も新車より当然安いため、希望の車種で新古車があったらおすすめです。

風格のあるフォルムのボルボはとても人気のある車です。そんなボルボを中古車で手に入れたいのなら、專門のディーラーに相談してみることをオススメします。